MENU

泌尿器のお悩み|刈谷市の婦人科・産科 - ウィメンズヘルスクリニック 刈谷銀座

泌尿器のお悩み

Medical

Medical泌尿器のお悩み

下部尿路機能障害

下部尿路機能障害とは

本来の正常な排尿機能を維持できない状態を下部尿路機能障害と言います。
正常な排尿状態とは、

  • 尿意を感じてもしばらくは我慢ができる
  • 尿を自分の意志で排出及び止めることができる
  • 一度の排尿で全てを出し切ることができる

などの状態を指します。

下部尿路機能障害の原因

下部尿路機能障害の原因となる女性特有の疾患として、子宮筋腫や骨盤臓器脱、妊娠出産、閉経などがあげられますが、必ずしも原因ははっきりと解明されていません。
一方、女性特有の疾患ではありませんが、動脈硬化や生活習慣病、中でもメタボリックシンドロームと糖尿病は下部尿路機能障害の要因に挙げられています。

下部尿路機能障害の症状
  • 1日に8回以上の排尿をする(頻尿)
  • 尿が途中で止まってしまう
  • 排尿後も尿が残っている気がする(残尿感)
  • 尿意を我慢することができない・我慢できずに漏れてしまう
  • 就寝中に排尿のため目が覚めてしまう など
下部尿路機能障害の治療

患者様の状態に合わせて、薬物療法または行動療法を提案させていただきます。

下部尿路機能障害を引き起こす代表的な病気について

尿失禁とは

尿失禁とは、自分の意志に反して、尿意が我慢できずに排尿をしてしまう病気です。
尿もれは、年齢と共に誰にでも起こりうるものです。尿失禁は特に女性に多く、40歳以上の4割以上が経験しているといわれています。
また男性に比べて、女性の尿道は5分の1ほどの長さしかなく、出産や加齢などにより骨盤底筋の機能低下をきたしやすいため、尿失禁が起こりやすいと言われています。尿失禁は、直接命に関わるような症状ではありませんが、生活の質に大きく支障をきたしてしまう状態です。

<尿失禁には、4つのタイプがあります。>

腹圧性尿失禁
重い荷物を持ち上げたときや走ったりジャンプをしたとき、咳やくしゃみをしたときなど、お腹に力が入った時に尿が漏れてしまうのが腹圧性尿失禁です。
切迫性尿失禁
自分の意思にかかわらず膀胱が勝手に縮み、膀胱をコントロールすることができず、結果として急に尿意を感じ、我慢できずに漏れてしまう状態が切迫性尿失禁です。
溢流性尿失禁
尿が出にくく、歯切れが悪いことが原因で、尿が膀胱からあふれて漏れてしまうのが溢流性尿失禁です。
機能性尿失禁
排尿機能には問題はないが、身体運動機能の低下、認知症、精神機能の低下などが原因でおこる失禁が機能性尿失禁です。

尿失禁の原因

腹圧性尿失禁
正常時の女性の体では、おなかに力が入った場合に骨盤底筋(こつばんていきん)という筋肉が膀胱と尿道を支えることで、尿道が締まり、尿が漏れないように機能しています。
しかし、この骨盤底筋が出産や加齢などで弱くなったり傷んだりすることによって、尿道をうまく締められなくなり、尿漏れを起こすと言われています。
切迫性尿失禁
膀胱が過敏になっている状態を指す過活動膀胱や、膀胱瘤や子宮脱などの骨盤臓器脱などが原因と言われています。
溢流性尿失禁
子宮脱などが原因で膀胱の収縮する力が低下したり、直腸がんや子宮がんの手術後などに膀胱周囲の神経の機能が低下してしまうことが原因の一つと言われています。また、子宮筋腫や出産、加齢、肥満が原因となって、子宮や膀胱を支える骨盤底筋がゆるみ、子宮や膀胱が体外に出てしまう「骨盤臓器脱」なども原因の一つとして考えられています。
機能性尿失禁
身体運動機能の低下や認知症など精神機能の低下などが原因といわれています。

尿失禁の症状

  • トイレが近い
  • トイレに間に合わずに漏れてしまう
  • 重い荷物を持つ時や笑った時などお腹に力が入ったときに尿が漏れてしまう
  • など

尿失禁の治療

腹圧性尿失禁
緩んでしまった骨盤底筋を鍛えて骨盤臓器が下がるのを防ぎ、尿道を締める力やコントロールする力をつけるために「骨盤底筋体操」を行います。軽い腹圧性尿失禁は骨盤底筋体操で改善が期待できます。また肥満の方や最近急に太った方など減量を行うことで改善されることがあります。
さらに薬物療法として、尿道を引き締める働きがある薬(β2作動薬)などを内服する治療法があります。
切迫性尿失禁
膀胱の過剰な収縮を抑えるため、抗コリン薬やβ3作動薬という薬を内服する薬物療法を中心に行います。また、生活環境をはじめ、飲水調節、膀胱訓練、骨盤底筋体操も効果的なので、一人ひとりの状況に合わせて治療法をご提案します。

過活動膀胱

過活動膀胱とは
尿漏れや尿漏れはしないまでも頻回の排尿やパッドの使用が必要になるなど、尿意切迫感が出現する疾患です。日中だけでなく就寝中にも頻尿をともなうことがあります。40歳代で増え始めて高齢になるほど増加するとされています。
過活動膀胱の原因
過活動膀胱は加齢との関係が深く、尿意を感じるのが遅れたり、排尿の開始を抑制する力が弱くなったり、排尿する筋肉が弱まったりするなど、膀胱と尿道の機能の低下の表れとされています。 またその他にも、女性の過活動膀胱では、子宮筋腫や骨盤臓器脱が影響している場合もあります。
過活動膀胱の症状
トイレが近い/頻繁に尿意を感じる/急に尿意をもよおし、我慢ができない/夜中に何度もトイレに行く/トイレまで我慢できずに漏れてしまう
過活動膀胱の治療
抗コリン薬やβ3作動薬と言われる内服薬を服用し、膀胱の収縮を抑えたり、膀胱を緩めて容量を増やすことで症状の改善をはかります。

過活動膀胱症状スコア OAB-SS

朝起きた時から寝る時までに何回くらい尿をしましたか?
頻度 スコア(点)
7回以下 0
8回〜14回 1
15回以上 2
夜寝てから朝起きるまでに何回くらい尿をするために起きましたか?
頻度 スコア(点)
0回 0
1回 1
2回 2
3回 3
急に尿がしたくなり我慢が難しいことがありましたか?
頻度 スコア(点)
なし 0
週に1回より少ない 1
週に1回以上 2
1日1回くらい 3
1日1〜4回 4
1日5回以上 5
急に尿がしたくなり我慢ができず尿を漏らすことがありましたか?
頻度 スコア(点)
なし 0
週に1回より少ない 1
週に1回以上 2
1日1回くらい 3
1日1〜4回 4
1日5回以上 5

のチェックを含んだ合計が3点以上だと過活動膀胱の可能性があります。ご相談ください。

過活動膀胱の原因

過活動膀胱は加齢との関係が深く、尿意を感じるのが遅れたり、排尿の開始を抑制する力が弱くなったり、排尿する筋肉が弱まったりするなど、膀胱と尿道の機能の低下の表れとされています。
またその他にも、女性の過活動膀胱では、子宮筋腫や骨盤臓器脱が影響している場合もあります。

過活動膀胱の症状

  • トイレが近い
  • 頻繁に尿意を感じる
  • 急に尿意をもよおし、我慢ができない
  • 夜中に何度もトイレに行く
  • トイレまで我慢できずに漏れてしまう

過活動膀胱の治療

抗コリン薬やβ3作動薬と言われる内服薬を服用し、膀胱の収縮を抑えたり、膀胱を緩めて容量を増やすことで症状の改善をはかります。

骨盤臓器脱

骨盤臓器脱とは

骨盤臓器脱とは骨盤の中にある子宮、膀胱、直腸などの臓器が腟の中に垂れ下がり、腟壁と一緒に脱出してしまう疾患の総称です。

<骨盤臓器脱は主に4つのタイプがあります>

膀胱瘤
膀胱が前側の腟壁といっしょに下がってくる状態です。
子宮脱
子宮が腟管を通って下がってくる状態です。
直腸瘤
直腸が後側の腟壁といっしょに下がってくる状態です。
腟断端脱
手術で子宮を摘出した後に腟壁が下がってくる状態です。
骨盤臓器脱の原因
骨盤の臓器は骨盤底筋や靱帯で支えられていますが、出産により骨盤が押し広げられ、骨盤底筋や靱帯が引き伸ばされ障害を受けることなどが原因といわれています。また、肥満やぜんそく、便秘などの腹圧による慢性的な負担も骨盤臓器脱の原因になるとされています。
骨盤臓器脱の症状
陰部にピンポン玉のようなものが触れる/イスに座ると何かが押し込まれるような感じがする/股に何か挟まってるような感じがする/尿の出方が悪く、すっきりしない/尿が漏れる/便が出にくい/股の不快感や異物感が強く感じる など
骨盤臓器脱の治療
骨盤臓器脱の治療には保存的治療と手術療法があります。年齢、症状や脱出の程度など、一人ひとりの状況に合わせて治療法をご提案します。比較的軽症の方は便秘や肥満の改善指導や骨盤底筋体操などを行ないます。生活に支障がある方には、腟内にリングペッサリーという装具を挿入し、臓器が落ちてこないようにする方法もあります。

膀胱炎

膀胱炎とは
尿をためる役割の「膀胱」が炎症を起こす疾患です。
女性に比較的多く、非常に身近な病気と言われています。
膀胱炎の原因
大腸菌などの腸内細菌が尿道を通り、膀胱内で繁殖することで炎症を引き起こすとされています。
免疫力が低下しているとかかりやすく、トイレを我慢したり体調が悪かったりすると膀胱炎にかかりやすいといわれています。
また、女性は男性よりも尿道が短いため、細菌が膀胱に侵入しやすく膀胱炎にかかりやすいとされています。
膀胱炎の症状

膀胱炎の3大症状

  • 排尿時痛:排尿時に差し込むような痛みが生じ、排尿の終わりころに痛みが強くなります。
  • 頻尿
  • 尿混濁:細菌と戦うために集まった白血球などが尿に混じるため尿が濁ります。

そのほかに、下腹部に痛みを感じる/血尿が出る/残尿感がある など

膀胱炎の治療
膀胱炎の多くは大腸菌などの細菌によるものがほとんどであるため、抗生物質を投与します。
ほとんどの場合は数日~1週間くらいで改善が見られ、1~2週間ほどで完治することが多いです。
尿が膀胱の中にたまっている時間が長いと細菌が繁殖しやすくなるため、トイレは我慢せず、水分を多めに摂取して尿量を増やすようにしましょう。