MENU

人工妊娠中|刈谷市の婦人科・産科 - ウィメンズヘルスクリニック 刈谷銀座

人工妊娠中絶

Medical

Medical人工妊娠中絶

当クリニックでは妊娠12週未満の人工妊娠中絶を日帰り手術で行っております。

人工妊娠中絶手術は母体保護法という法律に基づいて行います。
母体保護法で人工妊娠中絶が認められるケースは以下のような場合です。

  • 1. 母体の健康上の理由や経済的理由により、妊娠の継続や分娩が困難な場合
  • 2. 暴行もしくは脅迫によって性交を拒絶・抵抗することができなかった場合

*人工妊娠中絶手術を行うことができるのは、「母体保護法指定医」のみです。

手術が可能な時期は、母体保護法によって妊娠22週未満(妊娠21週6日まで)と定められています。
ただし、妊娠12週を過ぎた場合、死産の届出が必要になります。
妊娠12週以降は中期中絶手術となり数日間の処置が必要になりますので、当クリニックでは対応しておりません。

妊娠の継続や分娩についてご心配な点があれば、スタッフまでお気軽にご相談ください。

手術の流れ

  • 受診

    診察をして妊娠の診断を行います。
    診察後、手術について詳細な説明を行います。
    しっかりと説明を聞き、十分に理解・納得された上で、手術を受けるようにしてください。

  • 検査

    安全に手術を行うため、既往歴、服用している薬、アレルギーなどについて詳細な問診を行います。また、超音波検査や血液検査を行い、妊娠の状態や母体の状態を把握した上で処置を進めていきます。

  • 予約・説明

    相談の上、手術日を決定いたします。時間の詳細をお伝えいたしますので、指定された日時に再び来院してください。

  • 手術当日

    手術は静脈麻酔で行うため、手術当日の朝から絶飲絶食となります。詳細については手術前にご説明いたします。決められた時間を守って来院してください。

  • 前処置

    手術前に診察を行い、手術を行うための処置(子宮頸管拡張)をしていきます。

  • 手術

    静脈麻酔で行いますので、眠っている間に手術は終了します。
    痛みは感じませんのでご安心ください。手術自体の所要時間は約15分間です。

  • 後処置

    麻酔がさめるまで、リカバリー室で休んでいただきます。
    麻酔がさめましたら状態を確認し、薬の処方と今後についての説明を行います。
    歩行が可能になれば、帰宅の準備が出来次第、お帰りいただけます。

手術費用について

人工妊娠中絶手術は健康保険の適用とならず、手術にかかる費用はすべて自費になります。

・手術費用:未定
※別途、診察費用と検査費用が必要になります。